お知らせ

子どもの目

子どもたちは、、、
慧眼。真実を見抜く目を持っています。
子どもの目は、そんな目。
そのおもちゃの、その素材の、その物語の、その暮らしの、その人の面白いところを見抜く目を持っています。慧眼(けいがん)。とても美しい目です。
時には、その目に、どうこたえようかと思います。
今の時期なら水遊びをします。セミがいます。虫がいます。植物があります。それを面白がる人がいます。
その目で見つめられるために、できるだけ保育が楽しく、面白くなるように努めようと思います。
慧眼。その目に応えていく保育をしたいと思います。

TOP